珍しくも何ともない

しがない派遣OLのよもやま話

子供から目を離してはいけない。ショッピングモールでゾッとした話。

ショッピングモール


こんにちは、なかばです。

急に思い出したゾッとした話をしたいと思います。

 

 

以前にショッピングモールで買い物をしていたところ、気がついたら通路に泣いた男の子が立っていました。

 

 

周りを見ましたが親御さんがいないようなので、「迷子かな?」と思い声を掛けようか迷っていると、向かいにある和服店の女性店員さんが声を掛けました。

 

 

「店員さんが対応してくれるなら安心だな」と思ったところで、

「すみませーん!」

パパらしき男性が駆け寄ってきました。

「こら!ダメだろ勝手にいなくなっちゃ!すみませんでした。」

そう言いながら男の子を担いで去って行きました。女性店員さんも安心した様子で店頭に戻ります。見守っていた私もお買いものを再開。

 

 

すると、1~2分後

「すみません!うちの息子見ませんでしたか!?」

すごく慌てた様子の若い男性が、先ほどの女性店員さんに声を掛けました。警備員さんを引き連れています。

 

 

女性店員さんと私は同じことを思ったことでしょう。

「え?これがパパ?じゃあさっき男の子を担いで連れて行った男性は誰・・・?」

 

 

「息子さんて、5歳くらいの青い服着た子?」

「そうです!」

 

 

まさか・・・誘拐・・・?さっきの子供が連れて行かれるときも何か言いながら泣いていたことを思い出す。

 

 

「まだ近くにいると思う。向こうに行ったので駐車場かもしれない。」

女性店員さんがそう言い、一緒に駐車場へ走って行きました。

 

 

 

ことの顛末を私は知りません。

 

 

あとになって落ち着いて考えてみると、タイミング的に同じ件だと関連付けてしまったけれど、子供の青い服がたまたま一致していただかもしれない。

 

 

後から来た男性が探していたのは、先ほどの子供とは別の自分の子供かもしれない。

 

 

でも、もし私と女性店員さんの考えが合っていたら・・・。

 

 

もしも私が子供に声を掛けていたとして、「すみませーん!」とパパらしき人が駆け寄ってきたら、普通に引き渡すと思う。

 

 

子供が「パパぁ!!」と男性に抱きついてくれたら分かりやすいけど、そうしない場合も多いでしょうし、そこで「本当にお父さんですか?証明は?」なんてやるわけない。

 

 

物騒な事件も多いですし、気をつけなければいけませんよね。

では、また。