珍しくも何ともない

しがない派遣OLのよもやま話

ジオラマを見ながら物の流れをお勉強!物流博物館☆

logistics01

こんにちは、なかばです。

先日、鉄道模型コンベンションのあとに「物流博物館」へ行きました。この日はジオラマ尽くしでした。

 

www.mezu-nan.site

 

 

 

『物流博物館』とは?

私たちの生活に欠かすことのできない物流。どうやって私たちのもとに様々な物が運ばれてくるのでしょうか?戦前から現代まで、“物流”を学ぶことが出来る博物館です。

 

 

カーゴくん

博物館に入ると、カーゴくんがお迎えしてくれます。

 

 

 

2階「映像展示室・図書コーナー」

私が行った日は使用中で入れませんでした。利用したい場合には、事前の連絡が必要です。

 

 

 

1階 「物流の歴史展示室」

物流の歴史

江戸時代の物流、明治時代以降の物流、物流の歴史を知ることが出来ます。日通さんのロゴが今と同じでびっくり。歴史が長いです。

 

 

地下1階「現代の物流展示室」

3台のトラック

現代の物流を学ぶことが出来る階です。宅配便やネット通販など、私たちの身近な話があり興味深い。

 

 

 

20FTリーファーコンテナ

20FTのリーファーコンテナ!リーファーコンテナとは、冷凍・冷蔵貨物の輸送に使用される特殊コンテナです。コンテナの内部を一定の温度に保ちます。この模型、冷却ユニットの部分まで作り込まれています。よく出来てるなぁ。どこかに売っているのでしょうか?欲しいです。

 

 

 

物流ジオラマ(夜)

陸・海・空の物流ターミナル巨大ジオラマ!時間の経過とともに照明が変化し、昼と夜を繰り返します。写真は夜の様子ですね。休むことのない物流ターミナル。

 

 

 

物流トラックターミナル

トラックターミナルと仕分け施設の様子。よく出来たジオラマに関心し通し。

 

 

 

『物流博物館』詳細

 

入館料
一般 大人(高校生以上) 200円
65歳以上 100円
中学生以下 無料
団体
(有料入館者数20名以上)
大人(高校生以上) 100円
65歳以上 50円

 

所在地

〒108-0074

東京都港区高輪4-7-15

TEL 03(3280)1616
FAX 03(3280)4385
開館時間

午前10時~午後5時

(入館は4時30分まで)

休館日 毎週月曜日及び毎月第4火曜日(但しこれらが祝日・振替休日の場合は、その翌日)
祝日の翌日・年末年始(12月28日~1月4日)・展示替・資料整理期間
アクセス 都営浅草線『高輪台駅』A1出口より徒歩7分
JR・京急線『品川駅』より徒歩7分
バリアフリー エレベーターあり、車いす対応トイレあり
駐車場 無料/乗用車5台
Webサイト http://www.lmuse.or.jp/

 

 

 

『物流博物館』 まとめ

行く前は「子供向き?」と思っていましたが、物流企業の研修にも使われるようで内容は本格的。ジオラマが好きな方、派遣先が物流企業に決まった方など、大人の方にも良いですね。館内の説明文にはフリガナが振ってあり、ゲームやクイズもあるのでお子様でも楽しめます。何といっても入館料がお安いところがすばらしい♪

 

では、また。