珍しくも何ともない

しがない派遣OLのよもやま話

忙しい日は残業、ヒマな日は帰れない。

f:id:mezu-nan:20200608132757j:plain




テレワークをスタートする前、「罹災休暇と隔日出社」の予定として説明を受けた。「これからは罹災休暇が使えるようになります。出社をしてみて仕事が少ない場合は早く帰ることができ、その場合もこれまでと扱いが変わります(これまでは早退か有給)。」という話だった。説明をしたのは各チームのリーダー。

 

それが直前で「テレワークと隔日出社」に変更となった。4月は忙しくて誰も早帰りなんて出来なかったものの、早帰り時で罹災休暇使用の件は継続しているとみんなが思っている。

 

いや、正直言うと疑問には思っていた。罹災休暇がテレワークになったので、早帰りする場合は業務継続状態のまま帰宅することになるのか?等。

 

 

 

 

5月の月初に仲の良い派遣社員(別会社)の子が、仕事が落ちつているため帰ろうとした。「前にお話があったように罹災休暇扱いでいいんですよね?」その子が言うと、所長がプンプンご機嫌ナナメになってしまったらしい。

 

所長としては、私が設定した“テレワーク期間”の出社日に早帰りする場合」という認識だそう。派遣先企業の本社から社員たちに届いたメールでは、「給与保証はするので是非とも積極的に帰ってくれたまえ!派遣社員にも指示しておくれ。」という内容で、それを見て私たちに初めの説明をしたのだ。もちろん事前に所長とリーダーは打ち合わせをしたうえで、である。

 

罹災休暇がテレワークになった時点でルール変更があったのなら説明をしてくれなくては分からない。対象期間についても、「これからは扱いが変わる」と言われたら、会社からストップが掛かるまでずっとだと思うじゃない。

 

私から見たら、会社は払うと言っているのに所長が払いたくないと駄々こねているようにしか見えない。

 

   

 

もうこれは派遣会社に訊くのが早いかなと思い、メールをしてみた。「派遣会社と派遣先との取り決めはどうなっていますか?具体的にご教示いただけますでしょうか。」と。

 

派遣会社担当者の話をまとめると、「基本的にはテレワーク期間が対象となる。しかしそれ以外の期間でも、コロナ対策で早帰りを指示された場合定時退社扱いでよい。」

 

つまり、「仕事に目途がついたので帰ります」と自ら言うのはダメ。「コロナ対策であなたはもう帰りなさい」と指示を受けなければならないと。

 

なんと微妙な線引きだろうか。言っていることは分かる。分かるよ。でも、基本的に払いたくないなら、所長がそれを言うことはないのでは?

 

そして先日、GW明けの割には落ち着いており手が空く日が私にもあった。けれど所長に話しかけて面倒なことになるのがイヤで、定時まで会社でヒマをこいていた。自席で午後のティータイムよ。

 

定時まで会社にいれば給与は出る。仕事をしなくても。

 

ヒマな人が事務所でぼーっとおやつ食べてネットしたりフロアを散歩することは許せて、定時退社扱いの早帰りが許せないことがいまいち理解できない。

 

事務所の密度を下げる、電車に乗る時間を分散する、少しでも感染リスクを減らす、ことが目的ではないの?そもそもの目的を忘れていないか?

 

しかも言われてプンプンしちゃうって何?自分としては説明したつもりだったとしても、「説明が不足していたなら」と改めて説明すればいいことではないの?

 

 本当に嫌いだわあの人。