珍しくも何ともない

しがない派遣OLのよもやま話

使い捨てマスクのノーズワイヤーを交換。

f:id:mezu-nan:20200504075327j:image

会社で配布されているマスクが50枚ぐらい溜まってきた。

 

 

せっかく好きな淡いブルーなのに、ノーズワイヤーが無意味すぎて使っていなかったけれど、使えるようにするためワイヤーを交換してみた。

 

 


f:id:mezu-nan:20200504062447j:image

会社マスクにカッターで切り込みを入れてワイヤーを抜いたところ。

 

 


f:id:mezu-nan:20200504062529j:image

切り込みアップ。

 

 


f:id:mezu-nan:20200504062557j:image

愛用マスクのアルミプレートに交換する。今までマスクごと捨てていて勿体なかったなぁと今更思う。

 

 


f:id:mezu-nan:20200504062618j:image

アルミプレートを入れたあと。表は切れてない!初めてのわりに上手く出来た。

 

 


f:id:mezu-nan:20200504062651j:image

100円ショップで入手したマスクボックスに入れてみる。

 

 


f:id:mezu-nan:20200504062706j:image

取り出しやすいこのオープンタイプ好き。

 

 


f:id:mezu-nan:20200504065420j:image

 

この箱よい。使わないときは折りたためば収納も楽だし、他にも使えそうなのでまた買ってこよう。

 

 

◇ワイヤーを交換したマスクの着け心地。

カットした部分が毛羽立って気になるかなぁと心配していたものの、頬骨の辺りのため気にならず。鼻のフィット感は増してすき間が出来にくくなり良い感じ。

 

ただ、素材が柔らかくプリーツの幅も狭いためか、呼吸をするとマスクがヘコんで口に付く。マスクの内側が全体的に毛羽立っているようで、鼻や口元がくすぐられて常に痒い。

 

あまりいいマスクじゃなかったもよう・・・でも勿体ないから使います(・×・)

 

 

◇マスクの汚染に注意

当たり前のことですが、未使用のマスクが汚染されないようワイヤー交換時には注意が必要です。

 

私は使用済みマスクを保管する段階で除菌スプレーをまんべんなくシュッシュしてました。

 

交換時にも作業をする机やカッター、手を除菌。

 

 

◇アルミプレートは再び利用

ノーズワイヤーを交換したマスクは、外から帰ったら切り込みからアルミプレートをサッと抜き取りマスクはポイ。とても楽。

 

錆びたり切れたりしない限りこのアルミプレートは使えそうなので取っておこう。これがあればフィットしないマスクでも使えるモノになる✨

 

◇コツ

何本も交換していると慣れてきてうまく速く出来るようになった。どのくらい力を入れてどれくらい切れば表を切らずにワイヤーが出てくるのか。ワイヤー交換職人になれそうです。

 


f:id:mezu-nan:20200506174040j:image

アルミプレートは中に入れるとこんな感じで収まるので

 


f:id:mezu-nan:20200506174328j:image

端っこギリギリに切り込みを入れると、プレートを中央に入れたとき切り込みまでの距離が出来てうっかりプレートが出てくることを防げる。

 

プレートを中央まで持って行くのは、ひも通しみたいにマスクをたわませるようにすると楽に出来る。マスクヨレヨレにするのはイヤだなーと思ったけど、不織布は丈夫なのでそれぐらいじゃシワも出来なかった。