珍しくも何ともない

しがない派遣OLのよもやま話

結婚願望ゼロの私が結婚した話 ~結婚生活~ #35 水道料金未払いと督促状・催告状

f:id:mezu-nan:20210505155001j:plain

仕事は忙しかったが、順調に続けていた。

 

あるとき、私が一人で家にいる日曜日に水道局の人が集金に来た。水道料金が請求書2枚分(つまり約4ヶ月分)も未払いだったようだ。頭を下げてその場で支払い、外出中の旦那にメールで伝えると、帰宅後ダイニングテーブルにお金が置いてあった。

 

その後も度々未払いが発生した。そしていつからだろう、固定資産税の督促状が届くようになる。家のポストはすべて私にお任せ状態のため、私が渡さなければ彼のもとには届かないが、大事な郵便物は優先しているしそんなに何か月も遅れたことはないハズ。

 

「納税してないのかよ・・・」と思いながらハガキを旦那に渡す。

 

しかしそれでも払わなかったのだろう。今度は催告状も届くようになる。催告状とは、督促状を無視し納税を行わなかった場合の最後通告。このまま払わないと財産差し押さえますよってやつ。

 

連日届くので、いつ家に差し押さえに来るかとハラハラしながら生活した。ポストを見る度にたくさん入っているため、どれがいつの督促状で催告状なのか時系列も訳が分からいほどだった。

 

そして、連日届く督促状・催告状のストレスから私がブチ切れた。お金の話をすると旦那はすぐに逃げるので、私がその場を退かなければ逃げられない状況で話をする。

 

「支払いが厳しければそう言えば良い。家の支出を提示してくれれば、不足している分は私が払うし、家の支出も知りたい。」といった内容を伝えた。

 

彼の主張は、「納期限は過ぎても払っているので問題ない。期限は守る必要が無い。差し押さえなんて実際にされる訳がない。」というもの。

 

じゃあ期限てなんだろうね?テレビで差し押さえされてるの見たことない?地域によって異なるようだけど、早いところは早いからね?自分一人なら好きにしたらいいよ。でも家族がいる立場だよね?仮にも大黒柱だよね?責任の無さに呆れる。

 

支出を知られたくないのか男のプライドなのかは分からないが、結局私に「払って」とは言わなかった。いくら話をしても「納期限を守る必要は無い」から話が進まない。

 

「じゃあ、あなたの会社の社長にどちらが正しいか訊いてみようか?」という言葉が頭に浮かんだがやめた(やればよかったかな?)。立ちっぱなしで疲れたので話を終わりにする。

 

「もう二度と顔を見たくない。消えてくれ。」と言い旦那を解放した。てけてけと歩いて自室に戻る様子を見たら頭に来て、近くにあったでかいカッターをぶん投げた。当てるつもりはなく当たらないように投げたが、投げた瞬間に「あ、刃を出してから投げれば良かった。」と思った。

 

旦那が自室のドアを開けたところで、カッターが彼の後ろを通過し玄関に落ちる。カッターなんて気にせず部屋に入りまた籠るのかと思いきや、さすがに慌てたのかこちらに戻り膝をついて謝ってきた。

 

「もう督促状が二度と届かないようにする」と旦那自ら誓った。後々面倒になるのがイヤでその場で解決しようとしたんだろう。

 

時間差もあるのでしばらくは督促状やらが届いても大目に見たけれど、その後も結局督促状は届き続けた。お前の言う誓いなんて所詮そんなもんだよね。

 

なんかどうでもいいや。