珍しくも何ともない

しがない派遣OLのよもやま話

『結婚願望ゼロの私が結婚した話』~結婚生活~ #7 旦那の手料理で体調不良

f:id:mezu-nan:20200514151827j:plain


あるとき、旦那さんの仕事が平日休みになった。

 

「夜ご飯オレが作るよ!何が食べたい?」

 

「うーん、、賞味期限が今週末のカレールウがあるから、それでカレー作ってもらえる?」

 

土曜日に作る予定だったカレーを提案した。カレーなら誰でも作れるし。

 

 

夜、家に帰るとカレーの良い香り。キッチンを覗くと、半端なカレールウと見たことがないカレー粉の使いかけがあった。わざわざカレー粉を買ってきたらしい。

 

私は、カレールウの残り(箱の半分)を使えばちょうど使い切れるつもりで言ったのだけど、カレールウもカレー粉も残る使い方とはどういうことなんだろう?そう思ったけど、せっかく作ってくれたので言葉を飲み込んだ。

 

たまに料理をすると凝りたがるという面倒な男のアレか。

 

熱々のカレーはおいしかった。普通に。

 

 

しかし次の日、一人で残りを温めて食べたとき、強烈な胸焼けに襲われる。

 

恐らくは、カレールウ+カレー粉の量が多すぎたのだ。元から味の濃いカレー、できたての熱々だと前日は分からなかったものの、1日置いたら更に濃縮されXX倍濃縮カレーになった。

 

人生で初の強烈な胸焼けに、ソファで声を上げながら一人で悶え苦しむこと数十分

 

落ち着いた後、水をじゃばじゃばと加え温め直すと普通のカレーになった。そして倍以上の量に増えた。

 

しばらくカレー漬けの日々を過ごし、中途半端に残ったカレールウと、袋の半分ほど残ったカレー粉はしばらくして捨てた。